飼い主の最低限の義務

犬を飼うと言うことは、飼い主にとって躾は義務です。
何かしら粗相があって第三者に損害を与えたとき、その損害を支払うのもやはり飼い主なのです。
そういったペットに関わるトラブルは年々増加していると言われています。
そのため、飼い始めてからきちんと躾をすることが最低限の飼い主の義務と言えるかもしれません。
ただし、経験者なら躾ける方法も熟知していますが、初めて飼う人にとってはそうはいきません。
どうトレーニングをすればいいのか分からないものです。
そこで最近ではペットのトレーニングを専門に請け負っているトレーナーも増えてきています。
もちろん、費用はかかりますが一定期間そこに預けることで、最低限の躾を身に着けさせるわけです。
その期間はトレーナーの技術や犬種や年齢にもよりますが、1週間から1か月ほどが相場です。
きちんと躾けられていれば、いきなり駆け出して誰かしらを転倒させて怪我させる心配もなくなります。
もちろん、飼い主にとっても嬉しいことはあります。
懐いてくれれば可愛いですし、無駄吠えや噛んだりすることも減るため、負担が大幅に減ります。
そうすることで大事な家族・パートナーとして、末永く付き合っていくことができるはずです。
http://dpjapan.jp/service/school