人口軟骨に対する安心感でプロテーゼを選ぶ

私は昔から太り気味な体質をしていたのですけれど、それでも顔に脂肪が多く付いているという印象はあまり無いと言われる事が多々ありました。
しかし大人になると脂肪の付き方も変わってくるものであり、気付くと顎のラインにも脂肪が多く付着する様になってきて、丸みを帯びたラインが出来上がってしまっていた事がショックだったのです。
少しぐらいは角のある顎を取り戻したいと考えて、プロテーゼという美容整形を受けてみる事にしたのですが、この手術法は安全性についても信頼が持てました。
人口軟骨を気になる部分に人口軟骨を注入する事で、完全に丸くなって見えていた顎などのラインを元通りに出来るという手術法です。
私がこの手術法を選んだ理由は、お世話になろうと考えていたクリニックが、注入される人口軟骨についての説明も丁寧な為でした。
アレルギー反応などが起きない上に、長期的な保証も受けられるという事で、もし手術後に何かトラブルがあっても大丈夫だと安心感を覚えられます。
ダウンタイムが少ないという点も気に入ったところで、仕事が忙しい日が多い私は、プロテーゼの手術に合わせて長期休暇を取る事が出来ません。
だからこそダウンタイムが少ないという利点は、美容整形を受けようと思わせるだけの魅力がありました。