徳真会の松村理事長の評判

1952年に熊本に生まれた、現徳真会理事長の松村博史氏は歯科大学卒業後に松村歯科という総勢6名のクリニックを開業しました。
当時から歯科治療を発展させたいと考えていた松村氏はわずか5年で松村歯科を医療法人徳真会になしあげました。
医療は人なり、という理念のもと、今や日本で最大規模の歯科グループの長となりました。
今このデンタルグループは2016年3月の時点で世界に69拠点、従事するスタッフはなんと1200名となっております。
更にこのデンタルグループの評判が非常にいいのには理由があります。
先にも申し上げましたとおり、企業理念の医療は人なり、という信念を目の当たりにするがごとく、松村氏はスタッフへのスキルアップ投資をしているからです。
良い教育やマナーを持ったスタッフが、よりグループを浴して行ってくれると信じているからです。
その為に縁あって徳真会に採用されたスタッフには様々なレクチャーを受けさせて技術やスキルの向上の手助けを実施しています。
こんなに人に対してよくしてくれるからこそ、良い評判の多いデンタルグループなわけです。