過度にやわらかい敷布団と疲労腰痛の関係

あまりにやわらかい敷布団で寝ているのは腰に良くありません。
モットンのように、ほど良いかたさのあるマットレスで寝ることをおすすめします。
モットンが良いのは、自然で円滑な寝返りを打ちやすくなるためです。

なぜ、やわらか過ぎる敷布団が良くないのかといいますと、睡眠時には体重の大部分が腰と胸にかかります。
布団が過度にやわらかいと敷布団に腰が沈み込むことで腰にかかる負担が大きく、腰や肩まわりの筋肉はこわばった状態になるのです。
すると筋力がもたず、不必要な寝返りを打つ回数が増加し、そのせいで睡眠は浅く、疲れも抜けにくくなってしまうのです。

そのほか、やわらか過ぎる敷布団で寝ていると、腰が沈み込むことで寝返りを打つときの頭と腰の回転スピードが違うため、首や腰にねじれが発生し、腰を痛めてしまうことになってしまいます。
深く眠ることができず疲れを翌日に引きずる、腰の痛みが気になるという方は、自然でスムーズな寝返りが打てる、適度なかたさの敷布団への買い替えを検討してみると良いでしょう。