プライバシーマークの申請方法はお任せ

顧客リストに掲載されている住所や名前の管理は、どのようにされていますか。
一般的に信頼のある登録制度があることをご存知でしょうか。
Pマークというプライバシーマークを取得していることで、顧客の個人情報の取り扱いを丁重におこなっている企業という証明になっています。
このPマークを取得するには、申請料・審査料・付与登録料などがかかり、新規申請の場合は、小規模企業で30万円ちょっと、大規模企業で120万円ちょっとがかかるといわれています。
申請までに提出する書類などの準備も大変ですので、コスト面から見ても外部のコンサルタント会社に依頼するのが便利です。

この取引会社を探すのに便利なのが、Pマーク一括見積サービス(http://pmark-mitumori.com/)です。単に申請をお願いしたいのか、会社内での啓蒙活動までしたいのかなどの希望に合わせた検索が短い時間で行えます。
理想のコンサルト会社を見つけたら、直接契約の内容も詰めることができるので、希望に合う内容を敏速に対応してもらえる嬉しいシステムです。
Pマークは、新規で申請した後、2年間の有効期限を経て更新していかなくてはなりませんので、信頼のおけるコンサルタント会社と出会うことは非常に大切ないことではないでしょうか。