後遺障害についての疑問を解決までサポートしてくれる

交通事故にあい、後遺障害が残ってしまったら、普段の生活をしていると考えることはあまりない事でしょう。
でも、大切な人がもしもそんな立場になってしまったら、あなたならどうしますか?
その認定された後遺障害が実際の様子とは違ったときに「異議申立」という制度があることをあなたは知っていますか?

事故の後遺障害についての認定は、加害者側の保険会社が申請する「事前認定」被害者自らが申請する「被害者請求」という方法で申請を行います。
申請に必要な診断書を作成してもらう必要が出てきます。
しかし、ここで大きな問題が残ります。
どれだけの人がその診断書に必要な検査が行われているか、認定してもらうために詳細な内容の記載がされているかどうかは専門知識を持った人間でないと分かりにくいものです。
しかも、認定は書面審査で行われるのです。

ここで初回の認定に対して、適正ではない疑問をもったときに「異議申立」申請をするのですが、さらに詳細な内容の書面を作成しなければならなくなります。
こうした専門知識が必要とされる異議申立のサポートを専門弁護士が行ってくれるのかを無料診断してくれるのが「弁護士法人 安倍剛法律事務所」の「後遺障害サポートドットコム」です。
後遺障害で生活に支障がある中で、専門知識の必要な申立を行うのは大変なことですが、そういったことも解決までの全てをサポートしてもらえるのならばとても心強いですね。