水泳が得意な男性の話

野山ひろあきは水泳が得意な25歳の男性です。
体を鍛えることが好きで、毎週市民プールに行き、クロールを2500メートルは最低でも泳ぎます。
クロールはじっくりとスローペースで泳ぐタイプで、じっくりと時間をかけて泳ぎます。
ビート板を使って泳いだり、時には平泳ぎをしたりと、その日の体調によって様々な泳ぎ方を試します。
あまり周りの人とコミュニケーションを取るタイプでなく、一人孤高に黙々と泳いでいます。
しかし礼儀正しいところもあり、毎回必ず、受付の人や監視員に挨拶をしています。
あいさつは軽く会釈をしたり、ありがとうございましたと帰るときに挨拶をする程度のものです。
着ている水着はブーメランパンツで、股間がもっこりとしているタイプのものを着用しています。
体型が一見華奢に見えますが、体の筋肉が閉まっていて、上半身は逆三角形の体型をしています。
身長は175センチくらいで、遠目から見るとそこそこ体が大きそうに見えます。