医療に関する経営者にピッタリ!メディカルサポートローン

最近は、少子高齢化が進んでいるため介護施設も増加しています。
このような事業を行っている経営者にとえって設備投資をすることは、患者さんやお世話をする高齢者のために必要不可欠。

しかし、医療機関によっては必要な資金を用意することができず、設備投資を二の足を踏んでいる経営者もいます。
このような経営者をニーズに対応するために生まれたローンがあります。
それが、日本保証の「メディカルサポートローンです。

このメディカルサポートローンを利用するメリットのある人は、以下のとおりです。
新しく医療用機器の購入を希望や介護施設や病院の老朽化に伴いリニューアルの希望、介護施設で活躍する高齢者の送迎者が欲しい場合や経営難で経営資金を求めている場合です。

このようなニーズに対応可能。ローンを検討している人も専門のスタッフに相談できるのもメリット。
ここまではメディカルサポートローンに向いている事業者を紹介しました。
ここからは、融資に関する条件について説明します。
気になる融資額は、100万円~1億円。

この融資額の目安は、診療報酬の月額の2倍程度。
よって、診療報酬の高い事業者は多くの融資を引き出せるローンです。
担保は、診療報酬・介護給付・調剤報酬と3つ提出することが条件です。
ただし、保証人がないため契約しやすいローンであることは変わりはありません。