国や地方公共団体から土地の買い取り依頼が来たら

自分の持っている不動産が地方公共団体、国、独立行政法人都市再生機構など法人や一般人以外から買い取り依頼が来た時の控除について分かりやすく書かれています。
めったにあるケースではありませんが該当する場合800〜2000万円の控除が受けられます。知っておくとためになる知識なので、ぜひ頭に入れておき何かあった時の為に役立てましょう。
このサイトでは特定土地区画整理事業等のために土地等を売却した場合の2000万円の特別控除の特例、特定土地区画整理事業について、特定住宅地造成事業等のために土地等を売却した場合1500万円の特別控除、特定住宅地造成事業について、農地保有の合理化等のために農地等を売却した場合800万円特別控除の特例などについて書かれています。

再開発の土地に自分の不動産があり売却しようとしている場合、特定住宅造成事業などの為に土地が買い取られる場合、個人の土地を農業委員会のあっせんにより売却した場合などかなりレアなケースばかりで、なかなか体験することも耳にすることはないかと思いますが、該当する場合はかなり高額の控除を受けることができます。もしかしたらあなたの身近な人がこのケースに該当することがあるかもしれません。理解するのがかなり難しい内容になっていますが、覚えておいて損はありません。なんとなくでいいので国や地方公共団体に土地を売った場合は何らかの形で控除が受けられることを頭の片隅に入れておくようにしてください。